ぶいふぇべうふ

昔プレイしたゲームだったりの感想をかいてます。

スーパーマリオ 3Dランドをプレイした感想

よかった点

3DSタイトルの中でも3D映像をかなり効果的に使った作品
・難易度は高めだが、何回もチャレンジしたいと自然に思わせるところが心憎い
・アクションが苦手な人でもしばらく救済処置があるので安心
・キャラを動かしていることが素直に楽しいと思える
・本体のMii広場にいるMiiからアイテムがもらえたり、すれ違った人の各ステージのクリアタイムが送られてくるシステムは面白かった
・テンポがいいのも○

残念だった点

・残機増加の条件が甘すぎて緊張感に欠ける
また、せっかく裏面で難易度を高くしても表面での残機が裏に持ち越されるのでやはり緊張感がないです。(わざと自分で残機を減らせばいいかもしれませんが)

まとめ

全体的に「初心者」と「熟練者」の両方に楽しんでもらおうという感じがあり、良心的なシステムが多々ある今作ですが、少々「初心者」のための救済処置がすぎると思います。

死にまくることで出現する救済アイテムを裏面でなくしたことはよかったのですが
残機の持ち越しはやめて欲しかったし、1UPの条件も厳しくして欲しかったです。


しかし、
今作は過去シリーズの経験を利用してうまく昇華している作品で、3DSでなければ楽しめない作品として成功していると思います。

ほかの過去のシリーズ作では味わえない2次元とも3次元とも取れる世界観には魅了されました。

カードファイト!! ヴァンガード ライド トゥ ビクトリー!!をプレイした感想

よかった点

TCG版のヴァンガードプレイヤーですが、現実とほぼ遜色ない再現度でプレイできます。
・ファイトがある程度サクサク進む。
・ファイト中、盤面が見やすい。
・盤面を見下ろす場面と3Dがよくマッチしている。
・ネット対戦もすぐマッチングしてプレイ可能。
・キャラボイスが程よく利いている。
・構築したデッキ名の文字数制限が10文字なので色んな名前がつけられる。地味に嬉しい。
・マイキャラにフルネームで名前がつけられる。
・マイキャラネームやデッキネームに漢字が使える。
・ゲーム中のカード入手方法が現実のパック買いとほぼ一緒で、ドキドキする。
・ファイト中、ニ画面でカードの確認が楽。

残念だった点

・解像度の関係でファイト中の盤面やデッキの作成中に、詳細表示されていないカードが見づらい。
・ゲーム内ショップで買えるエキストラブースターパックのレアカードの封入率が、現実より酷い。レアカードの入っている数が少なすぎる。
・ストーリーモードのCPUが現実ではありえない、自身を不利にするプレイングをする事がある。

まとめ

全体的にはとても満足のいく出来です。
現実でプレイしている身からすると素晴らしいシュミレーターと言えます。安心してオススメできますね。
現実では見逃される、カードの出し間違いや、効果の発動し忘れ等がゲーム内では取り消し不可能なので鍛えられます(^^;)
TCGヴァンガードをやったことのない人でもこれなら安価にヴァンガードを始められます。
現実のブースターパックを9弾分+α買い進めた身からすると、破格の安さです。
ファイトする場所も選びませんし、対戦相手に困ることもありません。
ゲーム内ショップにデッキレシピが売っているので参考にするといいかもしれません。